月別アーカイブ: 2021年9月

社会人3年目の僕が年上OLに食われた話

社会人3年目の私が年上OLに食われた話

盆前で仕事が立て込んでいた時期のことです。

自部署はかなり忙しく、仕事の終わる時間はほとんど終電前でした。

そんな、家に行って会社に帰るような生活も、やっと終わりが見えてきた頃。

ほとんどの人が帰宅して、残ったのはたまに話す程度の先輩OL。
あとは私と新人の男性の3人になりました。

先輩OLの積極的な態度にびっくり

20時を回って作業も一段落。
ちょっとした、雑談タイムのような時間になりました。

世間話しているうちに、先輩OLが「週末だし、そろそろ帰りなよ」と新人の子に帰宅を促します。

そして30分ほどして、新人の子が「おつかれしたー」と帰宅。

部屋に残ったのは、先輩OLと自分だけになりました。

しばらくして私も仕事に区切りがつき、そろそろ自分も帰ろうか…という頃。

先輩OLが「やっと残業地獄も終わりそうだね~」と話しかけてきました。

話を合わせる私に、先輩OLが隣の席に座って雑談は続行。

ちなみに先輩OLは入社して結構長く、40代くらいの人と同僚から聞いたことがあります。

私は入社3年目の25歳で、どちらも未婚。

今まで特に恋愛対象として見たことはなく、普通の先輩くらいの認識ですね。

「〇〇君疲れたでしょ~肩揉んであげるね。」

そういうと立ち上がって、肩揉みしてくれます。

そして肩揉みから、徐々に胸を押し当てながらのボディタッチに。

「えっ?ちょっと…□□さん?」

「仕事ばっかりだったから溜まってない?…あたしは溜まっちゃってる。」

おさわりする手はすぐに股間を触り出し、それと同時に耳なめ。

「ちょっとダメですよ。□□さん…」

口をキスでふさがれます。

「〇〇君ダメなの?」

「いや、ダメっていうか…とにかく社内はマズいですよ…」

そう言うと、じゃあ別のところに行こうと言う彼女。

準備してと言われ、慌ててすぐに帰り支度。
彼女は施錠担当なので最後になります。

「すぐ行くから、角のコンビニのとこで待ってて」

多分、これがエッチするかの意思確認だったのでしょう。

先輩OLとは一晩だけの関係に

先にコンビニに行き、突然の出来事に混乱したまま待つ私。

帰ってしまうのも気まずいし、その後の関係が悪くなるのも支障がありそうです。

どうするか判断がつかず、先輩OLがやって来ました。

彼女は上機嫌で腕を絡めてきて、結局そのままラブホへ。

そのままセックスをして、一晩泊まりました。

事後に彼女いわく「ムラムラとしていただけで、付き合いたいとかじゃ無いから安心して」とのこと。

つまりただの遊びで、若い男とセックスしたかっただけ。

その後、彼女が誰かに話してるんじゃないか…と内心ヒヤヒヤしたが、そうでもなさそうです。

社内の誰かに聞くわけにもいかず、しばらくは悶々としました。

今では、ちょっとラッキーな出来事だったんだと一応納得。

以前と変わらない態度で、お互い接しています。